精米について

なるほど舎のこだわり

  • 虫対策

    精米所内では、薬剤による殺虫対策はせず、人体への影響や危険などがまったくない対策を心がけています。

  • 保管

    すべてのお米は、栽培・生産者別に保管をしております。
    そのため、1生産者限定のお米が販売可能です。

  • 米タンク

    機械の上にはそれぞれ左右にタンクがあり、それぞれ300kgづつお米が入ります。タンクを分割することにより、各銘柄を分け、大量のお米を効率よく製品にしていくことが可能です。

なるほど舎の精米の流れ

  • 1.玄米選別

    金属除去、着色したお米、モミ、異物(ガラス、プラスチック、石)などをここで取り除きます。


    玄米選別機により取り除かれた玄米

  • 2.玄米荷受・金属除去

    玄米を「荷受ホッパー」に入れ、金属等を取り除きます。

  • 3.石抜き機

    ここで玄米に混入している小石を取り除きます。

  • 4.精米機

    これで精米をします。なるほど舎で使用している精米機は、研削・摩擦13ps精米機で、研削部で玄米の表面を荒く削り、摩擦部でキレイに仕上げます。※ps=馬力

  • 5.シフタ

    ここで小粒な米、砕けている米などを取り除き、米粒を揃えます。

  • 6.色彩・ガラス選別

    金属除去(1,900ガウス)、着色したお米、モミ、異物(ガラス、プラスチック、石)をここで再度チェックして取り除きます。

    ※【調整済】の玄米、白米は、2台の選別機処理をしてお届けしております。

    選別機・内部には長さ1mのシュートと呼ばれる数十本の通り道を米粒が1粒ずつ落下し、センサーで不良品を読み取り、圧縮空気によって取り除かれます。



    選別機により取り除かれたお米です。

  • 7.金属除去(2,200ガウス×4本)

    最後にもう一度、金属等を取り除きます。

  • 8.袋詰め

    最後に計量、袋詰めして皆様にお届けしております。
    ※玄米は、①→②→⑥→⑦→⑧の製造工程です。

なるほど舎のお米

  • 自然の恵みたっぷりのお米
  • 精米について
  • 梱包について
  • お米の取扱い
  • 農薬・肥料の使用状況

お米を買う

お知らせ

close
facebook